日本縦断列車の旅 東日本編

【鉄道フォーラム代表 伊藤博康氏 監修】
名古屋から列車で約2100km・・・最北端の稚内駅まで
添乗員同行 航空機利用 新幹線利用

出発日・催行状況

出発日: 2022/10/14(金)

料金情報

旅行代金 168,000円 ~ 185,000円

■ 旅行代金一覧

出発日 2名1室利用
おひとり様
1名1室利用
おひとり様
2022/10/14(金) 168,000 円 185,000 円

食事・運行・宿泊

食事 朝3・夕2 最少催行 8名
利用予定交通機関 全日空または日本航空、宗谷バス(稚内) 利用宿泊施設

ツアーのワンポイント

★名古屋起点に列車での日本縦断列車の旅の第1弾!
 名古屋駅から列車を乗り継ぎ、日本最北端の駅 稚内駅まで約2100km。
★移動は、東海道新幹線・東北新幹線・はやぶさ・北海道新幹線・特急北斗・特急ライラック・特急サロベツなど乗り継ぎます。
★宿泊は、
 ・1泊目は、アートホテル青森 洋室利用
 ・2泊目は、函館国際ホテル 洋室利用
 ・3泊目は、サフィールホテル稚内 洋室利用
★お帰りは、稚内空港から羽田空港で乗継、中部国際空港へ飛行機利用。
★昼食は列車内でお弁当などを各自でお召し上がりください。

★ご希望の方には、人気の観光列車「ながまれ海峡号」をご手配します
  函館駅発15:50/函館駅着20:02 
  お1人10,800円(ボックス席またはロングシート)
  津軽海峡の景色と、地元食材のお食事をご堪能ください。
 
【監修の鉄道フォーラム代表 伊藤博康氏 より】
■むりのない最北端と最南端への鉄道旅
全国縦断ツアーは数あるものの、ただ乗り通すだけの強行日程や一週間程度とやや長い行程が一般的です。
もう少し余裕をもって、むりなく楽しむ全国縦断ツアーをと考えて、日本の真ん中の名古屋起点の強みを活かしたツアーを企画してみました。
最北端へも最南端へも、3泊4日の行程です。
まずは最北端へ向かい、帰宅して4日間ご自宅でゆっくりされてから最南端に向かいます。
10月の稚内は寒く、鹿児島はまだ暖かさが残ります。途中、いったん自宅に戻ることで、旅装を入れ替えることができ、多くの洗濯物も持ち歩くことも不要です。
日本最北のJR北海道・稚内駅と、普通鉄道(*)では日本最南端のJR九州・西大山駅へ、絶景と各地の食を堪能しながら、鉄路を楽しみませんか。
 
* 日本の鉄道最南端は、沖縄都市モノレール(ゆいレール)です。2本のレールを使った普通鉄道では、鹿児島県の指宿枕崎線・西大山駅が最南端となります。

■最北端を目指す東日本編
最北端を目指すにあたり、日本海の景色を眺め、函館でオプションのグルメ列車「ながまれ海峡号」を堪能するなど“寄り道”を大切にしたツアーです。青函トンネルを抜けて、宗谷本線をひた走ると、稚内の最果て感を実感できることでしょう。

 

備考

記号の見方(◆:入場観光、◇:下車観光)

旅行条件をご確認のうえお申し込みください。

募集型企画旅行条件書(国内旅行)

募集型企画旅行条件書(海外旅行)

 注:インターネットで予約を申し込みをされても満席となっている場合があります。その場合はメールにてお知らせいたします。

 注:インターネット上で「満席」の表示となっていても受付できる場合があります。お電話にてお問い合わせください。

   中日ツアーズ:052-231-0800(10時~18時 日・祝日は定休です)

行程

  都市 交通 時間 行程 食事
1 名古屋駅(7:15~7:45発) 鉄道(新幹線のぞみ) 鉄道 東京駅 鉄道 (新幹線こまち) 鉄道 秋田駅 鉄道 青森駅 移動(徒歩またはタクシー)移動 アートホテル青森(泊) 朝)-
昼)-
夕)○
2 ホテル 移動(徒歩またはタクシー)移動 青森駅 鉄道 新青森駅 鉄道 (新幹線はやぶさ) 鉄道 新函館北斗 鉄道 函館駅 移動 函館(自由行動) 移動 函館国際ホテル(泊) 朝)○
昼)-
夕)-
3 ホテル 移動(徒歩またはタクシー)移動 函館駅 鉄道 (特急北斗) 鉄道 札幌駅 鉄道 (特急ライラック) 鉄道 旭川駅 鉄道 (特急サロベツ) 鉄道 稚内駅 移動 サフィールホテル稚内(泊) 朝)○
昼)-
夕)○
4 稚内  バス バスから下車して観光 稚内公園 バス バスから下車して観光 宗谷岬(日本最北端の地の碑バス 稚内空港 飛行機 羽田空港(乗継) 飛行機 中部国際空港(19:05着) 朝)○
昼)-
夕)-

このツアーもおすすめします。