下北半島・仏ヶ浦と恐山

写真家・竹下光士先生の指導
添乗員同行

出発日・催行状況

出発日: 2022/10/18(火)

料金情報

旅行代金 おひとり様 : 158,000円

食事・運行・宿泊

食事 朝2回・昼3回・夕2回 最少催行 12名
利用予定交通機関 航空会社:FDA、バス会社:弘南バスまたは三八五観光タクシー 利用宿泊施設 プラザホテルむつ(洋室、1名1室)

ツアーのワンポイント

最果ての地の秘境「仏ヶ浦」。日本の秘境百選にも選ばれている絶景スポットです。
 貸切船を利用して夕暮れに色づく頃、午前中の光の頃の2回訪れ堪能します。
下北半島の最高峰(標高879m)の頂上近くにある釜臥山展望台からの夜景、恐山、など下北半島の撮影ポイントを巡ります。

※遊覧船運航の法令により、日没の30分前には撮影を切り上げ仏ヶ浦を出港します。遊覧船の運航状況により、行程を入れ替える場合があります。



 
  
竹下光士(たけしたみつし)先生プロフィール
1965年 京都市生まれる。
1989年 武蔵野美術大学油絵学科卒業
2003年 写真家として独立する。日本全国の風景、京都の社寺や歳時を撮影
2016年 活動タイトルを「GEOSCAPE」とし地形をテーマに撮影開始
2018年 写真月刊誌「フォトコン」にて地形写真を一年間連載
2020年 ガイド&写真集「GEOSCAPE JAPAN」(山と渓谷社)を出版
現在、京都市在住  ホームページ:http://geo­scape.com/
著書 写真集「ZEUS」「天の刻」(青菁社)、
   ガイド「京都撮影四季の旅」(三栄書房)、
   技法書「長時間露出撮影のすべて」(日本写真企画)、
   「朝景・夕景撮影のすべて」(日本写真企画)
 
※行程表の記号の見方(◆:入場観光、◇:下車観光、○:車窓観光)
注:コース及びスケジュールは気象条件や撮影状況により変更をする場合があります。
注:気象条件、その他の状況により予定された写真撮影が困難な場合がありますのでご了承下さい。
注:写真は全てイメージであり、ツアー中に同様の写真を撮影できることを保証するものではございません。
注:同行講師は、旅程を管理する当社添乗員ではありません。
注:同行講師は、地元在住やその他の事情により、現地合流・離団する場合があります。 


備考

旅行条件をご確認のうえお申し込みください。
中日企業株式会社(中日ツアーズ) 募集型企画旅行条件書(国内旅行)

注:インターネット上で予約を受付をされても満席となっている場合があります。その場合はメールにてお知らせいたします。
注:インターネット上で「満席」の表示となっていても受付できる場合があります。お電話にてお問い合わせください(中日ツアーズ:052-231-0800、10~18時、日・祝日は定休です)。

中日写真協会(本部・支部)会員様は旅行代金の5パーセントを割引致します。
会員様は「質問事項」欄に会員番号をご入力下さい。ツアー当日は会員証を必ずご携行下さい。
注:割引額は100円単位に切り捨てと致します。



旅行条件をご確認のうえお申し込みください。

募集型企画旅行条件書(国内旅行)

募集型企画旅行条件書(海外旅行)

 注:インターネットで予約を申し込みをされても満席となっている場合があります。その場合はメールにてお知らせいたします。

 注:インターネット上で「満席」の表示となっていても受付できる場合があります。お電話にてお問い合わせください。

   中日ツアーズ:052-231-0800(10時~18時 日・祝日は定休です)

行程

  都市 交通 時間 行程 食事
1

県営名古屋空港(7:35発)飛行機 青森空港 バス バスから下車して観光尻屋崎(寒立馬 撮影) バス バスから下車して観光 釜臥山(むつ市の夜景 撮影) バス むつ(泊)

 

朝)-
昼)○
夕)○
2

むつ バス バスから下車して入場(予定) 恐山(撮影)バス 大間(マグロ丼の昼食) バス 佐井港 船舶(貸切船)船舶 バスから下車して観光 仏ヶ浦(撮影)船舶 佐井港 バス むつ(泊)
※希望者は恐山にて星空撮影

朝)○
昼)○
夕)○
3 むつ バス 佐井港 船舶(貸切船)船舶 バスから下車して観光仏ヶ浦(撮影)船舶 佐井港 バス バスから下車して観光薬研渓谷(撮影) バス 青森空港 飛行機飛行機 県営名古屋空港(20:45着) 朝)○
昼)○
夕)-

このツアーもおすすめします。